1

Company

Vision

フジクラグループは今、2030年ビジョンを掲げています。
そのビジョンが意味するものは? そこに到達するための
イノベーションの道筋を語ります。

滝沢 功Takashi Takizawa

常務取締役

エレクトロニクス分野のエンジニアとしてキャリアをスタート。その後、技術営業や研究開発などで経験を積み、2013年、プリント回路事業部長に。2014年より執行役員。現在は、常務取締役としてコーポレートスタッフ部門を担当するとともに、戦略の策定や事業の運営など全社の統括に携わる。

私たちが今向き合わなければならない課題、
それは「持続可能な“みらい”社会」
つくること。

1 なぜ今、2030年ビジョンを掲げ、
私たちはイノベーションに
踏み出すのか?

フジクラの130年を越える歴史は、時代時代の若い人たちの力によって常に革新され受け継がれてきました。それは現在も、そして未来も変わることはありません。
私たちは今、「フジクラグループ2030年ビジョン」を掲げ、未来への新しいイノベーションに挑んでいます。このビジョンもまた、若手を中心としたプロジェクトによって策定されたものです。フジクラには、創業以来の志をまとめた経営理念MVCV(ミッション、ビジョン、基本的価値)があります。このMVCVは、私たちにとってかけがえのない理念であるわけですが、社会がかつてない規模とスピードで変化を遂げようとしている現在、未来へのマイルストーンとなる、より具体的なビジョンを社会に提示する必要があると思います。それは近未来における企業としての「あるべき姿」ともいえます。そうして生まれたのが2030年ビジョンなのです。
2030年のその先も見据えて、MVCVを再定義するプロジェクトも動き始めています。フジクラは、現在と未来をつなぐイノベーションのまさに最中にいるのです。

2 はじめにビジョンありき。
近未来を起点にして、
現在のイノベーションを考えていく。

2030年ビジョンでは、「快適で持続可能な“みらい”社会」というビジョンを掲げ、それを具現化していくためにドメインを定めています。「Advanced Communication」「Energy & Industry」「Life-Assistance」「Vehicle」の4つです。これらのドメインは現在展開する事業に紐づけて策定したものです。
しかし、このドメインは現在の単なる延長線上に位置するものではありません。私たちは、2030年の社会を見据え、その社会づくりに貢献するために何をすべきかをまず考えました。はじめにビジョンありき。そして、フジクラならではのリソースを活かしてそこに到達する道筋を描いていく、いわゆる「バックキャスト」という手法でイノベーションを引き起こしていこうと考えているのです。
日本の企業はついつい視線が足元にいきがちで、バックキャストのような発想はまだ苦手のように感じます。それは、私たちフジクラも同じです。だからこそ大胆にチャレンジすべきなのです。若い社員が未来に向けて踏み出すのをためらっているとき、この2030年ビジョンを思い浮かべれば、「よし、やってみよう!」と奮い立つと思うのです。

3 “つなぐ”ソリューションこそが
イノベーションを触発し、
これからの社会をつくっていく。

2030年ビジョンを推し進めていくために重要なキーワードとなるのが「オープンイノベーション」です。そのための場として2018年7月、フジクライノベーションハブ「BRIDGE」を開設しました。
フジクラは、世界に誇る先進の技術をいくつも持っています。しかし、私は思うのですが、これからの時代、そうした技術を単に深掘りしていくだけでは真の競争優位性は築けないのではないでしょうか。勝敗の鍵を握るのは、独自のリソースを活かしながら、いかに他の技術や知恵を柔軟に複雑に組み合わせていくか。つまり、ネットワーク的な思考だと思います。だからこそ、オープンなイノベーションが重要となるのです。
そのイノベーションの担い手にも当然、オープンな発想が求められます。たえず好奇心を持って外へとネットワークを広げていく人。そこで得た情報を自分の仕事に結びつけようと知恵を絞る人。そんなフジクラと未来をつなぐ若い人たちとの出会いを楽しみにしています。

PAGE TOP