2

Technology

Technology Report #01

“光”がつないできた、
技術と想い

フジクラが培ってきた電線の技術は、1970年代、光ファイバへと形を変え、さらにさまざまな製品へと広がりを見せていった。
時代とともに進化し続ける技術と技術者の想いはどのように受け継がれ、
そしてこれからどのような未来へ向かおうとしているのか。
エネルギー・情報通信カンパニーの現場で光ファイバの開発に携わってきた松尾 昌一郎が語る。

CHAPTER1

ルーツは1970年代まで遡る。
先駆者たちは、
熾烈な開発競争に
勝つことにすべてを賭けた。

国や地域を結ぶ光海底ケーブルから各家庭をつなぐFTTH(Fiber To The Home)まで、社会の神経網ともいえるインフラとなっている光ファイバネットワーク。その開発が本格化するのは1970年代のこと。米国の先行でスタートした熾烈な開発競争に、フジクラは日本電信電話公社(現NTT)との共同研究という形で挑みました。フジクラの未来を賭けた背水の陣ともいえる体制のもと、開発の鍵を握る「極低損失化へのアプローチ」において画期的な理論&メソッドを発表。1970年代後半からはじまる実用化競争においても常に先駆的な役割を果たしてきました。果敢なチャレンジはやがて事業として結実し、フジクラは光ファイバの領域で世界をリードし続ける存在となりました。

CHAPTER2

そのチャレンジングな
スピリットは、
若い技術者たちに
しっかりと受け継がれている。

「創造的に、挑戦的に仕事をしよう! そして決してあきらめない」。フジクラのものづくりを支えているのが、このフジクライズムといわれるスピリットです。1970年代にはじまった光ファイバ開発は、それが見事に体現されたプロジェクトでした。私も1990年の入社以来ずっと光ファイバの開発に携わっていますが、今振り返ってみても、常にフジクライズムを実践してきたように思います。まだ入社間もない頃に任された光海底ケーブルの開発では、研究開発から製造までみんなが一つのチームになって困難な壁に挑み、フジクラならではの開発の魅力を実感しました。そのチャレンジングな姿勢は、フジクラの若い技術者たちにしっかり受け継がれています。

「創造的に、挑戦的に仕事をしよう!
そして決してあきらめない」。
受け継がれてきたこのフジクライズムが、
私たちのものづくりの根幹を支えているのです。

CHAPTER3

従来の常識を打ち破り、
世界で初めて「ペタ」の壁を突破する伝送に成功。

これまで光ファイバの伝送容量はおよそ100テラビットが限界といわれてきました。この限界に挑むために、日本では産官学一体となった取り組みが展開されています。フジクラは、NTTなどとの連携のもと、クラッド(※)内に複数のコアを有するマルチコアファイバの開発を進め、世界で初めてペタビット(テラの1000倍)の壁を突破する伝送に成功。そればかりでなく、フジクラの先進技術はさらに幅広い領域を切り拓いています。世界シェアNo.1を誇る「融着接続機」をはじめとする関連機器など、グローバルな光通信の広がりにおいて私たちは欠かせない役割を担っています。

※光ファイバのコアを覆う部分のこと

CHAPTER4

情報通信から、さらに新たな領域へ。
“光”がもたらす可能性は
無限に広がっていく。

“光”の次なる可能性を求めて、フジクラの挑戦は通信以外の領域にも広がりつつあります。その象徴ともいえるのが、ファイバレーザ事業への展開。通信分野で培ってきた技術をベースに、光ファイバを媒質にしたレーザ加工機の事業化を進めています。ガラスを素材とする光ファイバは、とても素直な性質を備えています。この特徴に、新しい技術や発想を組み合わせれば、これからもさらに新しい可能性が見出されるはず。また、フジクラでは、事業の立ち上げの時から、光ファイバのみならず、その製造技術も自らの力で開発しています。このように活躍できる領域は多様で幅広い。技術者としての論理的な考え方と柔軟な発想、そして前向きな姿勢があれば、学生時代の専門分野にとらわれることなく、創造的で挑戦的な仕事に出会えると思います。

社会を支える光ファイバの主な分野

汎用光ファイバ

周辺機器の進化とともに、汎用性の高いシングルモード光ファイバの需要も高まっています。この汎用光ファイバの分野は、2000年代初めに続く第二の転換期を迎えており、伝送損失に加えて曲げ損失も小さいという特性が求められています。フジクラでは、屈折率分布の最適化といった技術革新や高品質な製造技術によって、この分野でも先進の製品を社会に提供しています。

宅内配線用光ファイバ

インターネットの広がりとともに、幹線ネットワークと家庭をつなぐ回線にも光ファイバが利用されるようになってきました。これに伴い、宅内での厳しい取り扱いでも損失が生じない「低曲げ損失光ファイバ」(BIF : Bending-loss Insensitive Fiber)の需要が高まっています。フジクラは、曲げ損失が小さく、かつ接続も容易という光ファイバを独自に商品化し、社会のニーズに応えています。

高密度光ケーブル用光ファイバ

フジクラは限られたサイズの中に多くの光ファイバを収容可能な高密度光ファイバケーブル(SWR® & WTC® )を世界に先駆けて商品化しました。このケーブルには宅内配線用光ファイバで培った技術をもとにした光ファイバが用いられています。従来よりも細径化した光ファイバを開発、商品化し、ケーブルのさらなる高密度化に寄与しています。

※Spider Web Ribbon® & Wrapping Tube Cable®

Future

松尾 昌一郎Shoichiro Matsuo

エネルギー・情報通信カンパニー
光ファイバ事業部 光ファイバ開発部 部長 博士(工学)

学生時代の専攻は電気工学。1990年の入社以来、数十年にわたって光ファイバの研究開発に携わる。海底ケーブル、FTTH、さらには次世代のテーマでもあったマルチコアファイバの開発も担当。2015年、事業部に異動して現職に。通信用光ファイバの製品開発に加えて、コストダウンや高機能化のための製造技術開発を統括する。

PAGE TOP