3

People

フジクラの調達業務に大きく貢献するために、
調達と購買、両方の知識を兼ね備え、
周囲と強い信頼関係を築いていく。

コーポレートスタッフ部門

Kaede Kanda

コーポレート調達部
国際食料情報学部 国際農業開発学科卒/2018年入社
(事務系)

グローバルで仕事ができる点や、幅広い事業分野に惹かれたのがフジクラに興味を持ったきっかけだと話す。調達部では国内外のグループ会社を含め、全社における調達業務に携わることができることを魅力に感じて入社を志望。コーポレート調達部 設備グループに配属後、設備などの輸出業務を担当している。

※記事内容および社員の所属は取材当時のものです。

現在の仕事内容

私の所属するコーポレート調達部は設備を調達している設備グループ、佐倉地区固有の予備品を調達している佐倉分室、調達全般管理をしている調達企画グループで構成されています。私はタイや中国などにある海外グループ会社が必要とする設備・予備品の輸出を担当。海外グループ会社に対し見積書作成・受注及び輸出手配を行うと同時に、必要なタイミングで出荷ができるよう、技術、サプライヤ、フォワーダーやローカルスタッフと交渉しながら仕事を進めています。先月からはタイ向け輸出のメイン担当となり、FPC製造設備の出荷を担当。様々な情報が飛び交う中、難しい案件も多いですが、関係部署や現地と協力し、要望通りに輸出ができるとやりがいを感じます。

一番印象に残っているエピソード

配属されて2ヶ月目で、海外グループ会社の設備増強の大型プロジェクトの輸出を任されたことです。予期せぬ抜擢に、若手でも大きなプロジェクトに携わることができることにまず驚きました。その年は台風が多く、船が遅延するハプニングなどもありましたが、同じ部署の先輩や佐倉のエンジニアの方々、現地ローカルスタッフのご指導・ご協力のもと、概ね計画通りに輸出を進めることができました。調達は社内と社外の間に立つことが多いので、双方の立場・状況を的確に把握し、適切な情報の共有・管理に努めることが重要。さらに、トラブル時には臨機応変な対応力も求められるため、輸出の知識や経験とコミュニケーション能力も必要となります。

今後の目標

現在は輸出の業務を担当していますが、将来的には購買にも携わりたいと思っています。輸出と購買、両方の知識を持ちながら、さまざまな業務を円滑に進められる対応力を身に付けることで、周囲から信頼される存在になりたいです。購買の仕事の魅力は、調達の際にかかるコストダウンを図り、フジクラの利益拡大に貢献すること。しかし単に利益を増やすのではなく、コスト分析し、適切に交渉を行うことでサプライヤーとのwin‐winの関係を築くことも重要になってきます。輸出の業務では国内外のグループ会社と、購買ではサプライヤーと、強い信頼関係を築ける人になりたい。そしていずれは国内外のグループ会社を含め、全社における調達業務に大きく貢献したいと思っています。

PAGE TOP