3

People

全ての社員が働きがいを
感じながら成長できるよう
人事面からサポートし、信頼される
スペシャリストを目指していきたい。

コーポレートスタッフ部門

Rie Ishihara

人事部
法学部 法学科卒/2015年キャリア入社
(事務系)

新しい人事制度を取り入れ大きく変革しようとする取り組み、チャレンジを支えてくれる上司の存在、業務を通じて人事担当者として大きく成長できる環境があることに魅力を感じ、入社を決意。入社後は前職での経験を活かし、人事部にて約1年間新卒採用業務を経験後、入社時より希望していた人事評価担当へ。現在は、人事評価および昇格の制度企画や運用を行っている。

※記事内容および社員の所属は取材当時のものです。

現在の仕事内容

人事部には、人事制度企画/グローバル展開、人事・組織管理、評価・昇格、経営人財育成を担うグローバル人事室と、採用、研修、労務・衛生、給与を担う人事シェアードサービス室という大きく二つの組織があり、事業部門の目標達成に向けて人事面でのサポートを行っています。私が所属するグローバル人事室HRBPグループでは、人事・組織管理、評価・昇格を主な業務としており、その中でも昇格制度の企画・運用を担当しています。特に新制度導入時や運用改定時には目的や変更点などを関係者に理解してもらうため、部門企画部との密な連携やサポートが必要となります。初めての内容を分かりやすく伝え、限られた時間の中で関係を築くコミュニケーション能力は、これまでの経験が活かせていると感じています。

一番印象に残っているエピソード

社員の能力開発・人財育成につながる、新しい昇格制度の導入プロジェクトに携わったことです。メンバーは上司、先輩社員と私の3名体制。新制度をつくり上げるまでには、制度そのものの中身だけでなく、現在の制度から新しい制度への円滑な移行方法、システムを活用した効率化の実現、運用時の手順など多岐にわたる事項を検討し、上司や関連チームとの打ち合せを何度も重ねました。初めての制度企画で、また従来の制度も理解が十分ではない中で、解決策が見つからず悩むことも多々ありましたが、多くの人からアドバイスやサポートを受け、最終的に新制度の導入まで辿りつけたことは、今後の自信にもつながるとても貴重な経験だったと感じています。

今後の目標

事業部門の目標達成に向けて人事面で貢献できる、信頼される人事部門のスペシャリストになりたいと考えています。人事の仕事は、各社で大きな枠組みは同じでも、企業によって人事制度が異なるように自社独自のものを生み出すことができる、とても魅力的な面白い仕事だと思います。多種多様な価値観やバックグラウンドを持つ社員が働きがいを感じ、成長できる環境をつくり、各事業部門の戦略や事業目標に応じた人事分野での最適な戦略立案・サポートができる人材になれるよう、人事業務の知識・経験だけでなく自社のビジネスや世界情勢等にも目を向け学びを深めながら、さらなる成長に向けて取り組んでいきたいと思います。

PAGE TOP